放射思考って何?AIやコンピューターに負けない思考法について

マインドマップの勉強をしていると【放射思考】という言葉が良く出てきます。

【放射思考】という言葉はご存じですか?

簡単に言うと、ヒトが日常物事を考えたり、理解したりする際に、

脳の中では神経細胞が沢山の信号をやり取りしています。

その神経細胞はどんどんつながって広がっていきます。

思考は直線的ではなく横、上、斜め下、上、横などなど方々に広がっていきます。

ちょこデリ

このような広がり方をする思考の事を【放射思考】と言います。
これからマインドマップを勉強していく上で放射思考を理解しておくと、マインドマップをかいていく意味も捉えやすくなりますよ。
是非楽しんで勉強していきましょう!

このような疑問を持たれている方にオススメ!
  • マインドマップは見たことあるけど何でこの書き方をする必要があるのか
  • 何でマインドマップは頭を可視化したノート術と言われるのか
  • なぜブランチを分ける必要があるのか
この時期で解決できるポイントはこちら!
  • 脳がどのような思考の広がりをしているのかが理解できる
  • 思考の仕組みを理解する事で効率よく脳を使えるようになる
  • 仕事や勉強のキャパシティが大きく広がる!
目次

ヒトの脳について学ぼう!

思考のプロセスってどうなってるの

ヒトがどのように物事を考えて、理解しているかというプロセスをご存じですか?

見たり、聞いたり、触ったり、匂ったり、味わったりなど5感で情報を捉え、

それぞれから得た情報を連結して保存し蓄積していきます。

何かを思い出すときこんな感じありませんか?

赤くて丸いフォルム→甘い香りがして→表面はツルツル
食べたらシャリシャリ感があって甘みが広がる
生産地は青森が有名

と言えば!!

ジャーン!リンゴ!!!

というような感じです。

視覚、聴覚、味覚など五感をフル活用



脳の神経細胞って何だろう

脳は脳神経細胞の集合体。

理化学研究所の研究によると脳全体の神経細胞の数は約860億個と言われています。

この数の脳神経細胞が信号をお互いに伝達する事によって、

物事を理解したり、新しいアイディアを出したりなどをしているのです。

最高性能のスパコン(スーパーコンピューター)でも、

ヒトの脳全体の規模の電気信号をシミュレーションする事は不可能と言われています。

神経細胞約860億個がお互いに連結して信号をやり取りしていくという事は、

少なくとも何千兆通りの連結の可能性が見込まれます。

これが自分の頭の中で起こっていると思うととんでもない事ですよね。

思考はどうやって広がっていくのか

神経細胞約860億個がお互い連結して思考が広がっていくという事はお伝えをしましたが、

もう少し詳しく掘り下げていこうと思います。

神経細胞の事を【ニューロン】と言います。

良く中学の理科の勉強で出てきたこちらがイメージとして使われる事が多いですね。

1つの神経細胞

それぞれのニューロンが思考を巡らせる(信号)事により、

端と端がどんどん連結していきます。

またイメージとしてニューロンの端と端はそれぞれ異なった形をしていて、

違う形のものが連結する事で新しいアイディアが生まれていきます。

先端がそれぞれ違う形=違う情報を持っていて
それが違う形で合ってもどんどんつながっていく

このような情報が異なるもの同士の端と端がどんどん連結をしていき、

中心から外側に向かって広がっていくのです。

ニューロンがお互いに繋がって放射状に広がるという事は、

脳にとって自然な形と言えるのではないでしょうか。

マインドマップが脳にとって自然なノート術と言われる理由

脳の中では絶えず脳神経同士が信号のやり取りをしています

ニューロンの端と端が繋がって放射状に思考が広がっていく事が、

脳にとって自然であり、その根拠についてお話をしてきました。

ちょこデリ

マインドマップは脳に自然なノート術と言われています。

それはなぜだと思いますか?

こちらに掲載されているサンプルのマインドっプを観ながら、

説明の内容と照らし合わせてみて下さいね。

サンシャイン池崎さんの特徴をまとめたマインドマップ

真ん中に目的に関連したイラストがかかれている

上記のマインドマップを見て頂くと真ん中に目的に沿ったイラストがかかれていますね。

脳もまずは目的を意識してから思考がスタートしていきます。

その目的をマインドマップでは真ん中にかいてからスタートします。

目的から放射状に考えた事を書き出していく

マインドマップの特徴として真ん中にかいた目的から、

どんどん思考の赴くままに波線(ブランチ)を伸ばして、

横に斜めに思考をどんどん広げていきます。

ミニマインドマップ、フルマインドマップでこの方法は変わりません。

ミニマインドマップとフルマインドマップの違いについて知りたい方は、

こちらの記事も読んでみて下さいね。

紙の端に着いてしまったら内側に折れたり

ブランチを真っ直ぐに横に広げていくだけではなく、

途中に別のブランチを追加して斜め上に広げて行ったりなど、

自由にどんどん広がっていきます。

この写真をご覧ください。

ちょこデリ

この端と端が繋がって広がっている姿。
似ているものありませんでしたか?

出展:マインドマップの学校

これは脳の神経細胞の写真です。

このようにどんどん神経細胞同士が繋がって思考を広げていきます。

ちょこデリ

マインドマップはこの写真に似ていませんか?

中心からどんどん思考を広げて連想して行きます。

直線的なノートではこのような連結は出来ません。

これが脳の特徴でそれに類似した書き方をするマインドマップ。

マインドマップは脳に自然なノート術と言えるのではないでしょうか。

まとめ

思考を自由に広げよう!

今回は下記のようなことについて説明をしました。

本記事まとめ
  • 放射思考について
  • 脳の自然な思考の広げ方について
  • なぜマインドマップが脳にとって自然なノート術と言えるのか

因みに脳の神経細胞の先端はそれぞれ違う形を持っていると説明をしました。

パズルのように凸凹があって形が合えばそこに嵌るのが普通というイメージがありますが、

脳神経はことなり、形が違っても端と端が繋がる事が出来ます。

そういう時に新しいアイディアや考え方が自分の中で生まれます。

またこのパターンは脳に保存された知識の量によってどんどん増し

より一層個性的に面白くなっていきます。

色々な刺激を受けながら、目的を真ん中にかいて、

それに対して思いつくままに頭の中を可視化して、

その情報を俯瞰してまた思考する。

新しい刺激を受けると同じ目的でも違うひらめきが生まれるかもしれません。

こう考えると究極のスキルを手に入れたって思いませんか?

今まで罫線に沿って真っ直ぐ書く事に慣れていた私たちにとって、

自由に広がるままにかいてくださいという注文はなかなか難しい事です。

ちょこデリ

今までやってきていないのだから難しい!
それが普通です!
まずは練習する事が大切。

興味が湧いたら、是非この記事に掲載されているマインドマップや、

簡単なものを真似するところからスタートしましょう。

ちょこデリ

脳の可能性は無限大!

それを上手く引き出すマインドマップのスキルを手に入れよう!



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは!
ちょこっとデイリーと申します!

現在はIT企業で営業管理職をしている30代女性です。

マインドマップを使って
日常がちょっとずつ楽しく健やかになる
ちょい足し術をお届けします!

詳しいプロフィールは
”ちょこっとDaily”をクリック!
Please click "ちょこっとDaily"more details of profile

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次